病気の予防 | ペットのお世話は飼った時から供養するまで|ペットを大切に育てる
散歩中の猫

病気の予防

動物の中でも人気のペットといえば猫や犬が多いですが、フェレットを飼う家庭も増えています。フェレットは小さい動物で細長いのが特徴的です。ハンティングをする動物であるため、顔が立体的なのもキュートです。表情がわかりやすいのも人気の秘訣です。性格としたは、かなりフレンドリーで一緒に遊ぶことができます。また、好奇心がかなり旺盛なので、人間の子供のように遊んでいることが多いです。非常に陽気な性格をしていて落ち着きなく動きまわるのも可愛いです。一般的にオスの方が大人しいとされていて、メスは臆病な性質であることが多いようです。お留守番が得意なので、フードとお水をしっかりと与えることで安心して出かけることが可能です。めったに泣かないという特徴もあるので、集合住宅などでも気軽に飼うことが可能なペットとなっています。

フェレットは病気にかかりやすい生き物なので動物病院に行くことも考えられます。命に関わる深刻な病気を発症することもありうるので、異変を感じたら動物病院にいきましょう。主な病気として、ジステンバーと呼ばれるかなり危険な病気や、人間でも観測されているフィラリアやインフルエンザ、副腎腫瘍などがあります。下痢やアレルギー、くしゃみなど人間に誓い病気になりやすいく、症状もかなり似ているので、異変に気づきやすいとも言えます。また、人間に似た病気になりやすいということは、人間が病気になる元を取り除くことでかかりにくくなるということにもなるので、フェレットを購入したら自分の住む環境からしっかりと見直しましょう。病気にならないためには、予防注射も大切です。特にジステンバーは致死率がほぼ100%なので、毎年予防注射をして安全で健康的な状態を維持するようにしましょう。飼い主にとてもフェレットにとても良好な関係を作ることができます。フェレットはポピュラーなペットではないので、動物病院を探すことが簡単でないかもしれません。ネットなどで予めチェックしておきましょう。